サービス利用規約 

2018年8月6日制定
本規約は、合同会社TEIGAKU(以下「当社」といいます)が管理・運営するインターネットウェブサイト「TEIGAKU」(以下「本サービス」といいます)を利用するにあたり、ユーザーが行なう一切の行為に適用されるものとし、ユーザーは、本規約に同意のうえ本サービスを利用するものとします。当社は、ユーザーが本サービスを利用したことをもって本規約に同意したものとみなします。

第1条(定義)
本規約で用いる用語の定義は、次のとおりとします。
1. 「本サービス」とは、インターネットウェブサイト「TEIGAKU」が提供する以下の内容の一部または全部を指します。
(1)サブスクリプションサービスをはじめとする様々なサービス(以下「掲載サービス」といいます)および掲載サービス提供事業者に関する情報
(2)掲載サービスおよび掲載サービス提供事業者へのユーザーによる評価機能およびその評価情報
(3)ユーザーが申込みまたは解約を希望する掲載サービスへの申込みまたは解約の受付
(4)サブスクリプションサービス等の運営方法に関する情報
2. 「広告主」とは、本サイトに広告を掲載している法人または個人を意味します。

第2条(ユーザーと掲載サービス提供事業者の取引)
当社は、本サービスを通じて生じたユーザーと掲載サービス提供事業者との取引契約の成否およびその履行、掲載サービス提供事業者が提供する掲載サービスの内容、質等に関して保証いたしません。ユーザーは、掲載サービス提供事業者が提供する掲載サービスが、掲載サービス提供事業者の責任において提供されているものであることを理解した上で、掲載サービス提供事業者が提供する掲載サービスの提供を受けるものとします。

第3条(ユーザーの遵守事項)
1. ユーザーは、本サービスを通じて提供される情報を、当社および掲載サービス提供事業者の事前の承諾なく自己の私的利用以外の目的で複製・送信しない他、方法を問わず、第三者による利用に供しないものとします。
2. ユーザーは、自己の責任において直接掲載サービス提供事業者との契約を履行するものとし、掲載サービス提供事業者が提供する掲載サービスに関する問い合わせ・要望等は当該掲載サービス提供事業者に対して直接行なうものとします。
3. ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下の行為をしてはならないものとします。
(1)本サービスが用いるネットワークシステムの正常な運用を妨げる行為、およびそれらの恐れのある行為
(2)本サービスに含まれる情報の一部または全部を改変もしくは消去する行為、およびそれらの恐れのある行為
(3)本サービス利用時に虚偽または不備のある情報を登録する行為
(4)当社、掲載サービス提供事業者または第三者の著作権、知的財産権を侵害する行為、およびそれらの恐れのある行為
(5)当社、掲載サービス提供事業者または第三者を誹謗、中傷しまたは名誉を毀損するような行為
(6)公序良俗に反する行為、およびそれらの恐れのある行為
(7)法令に違反する行為、およびそれらの恐れのある行為
(8)上記各号のいずれかに該当する行為を援助する行為

第4条(個人情報の取扱い)
当社は、ユーザーの個人情報の取扱いについて、別途定める「プライバシーポリシー(または個人情報保護方針)」にのっとって行なうものとします。

第5条(知的財産権)
本サービスに含まれるサービス、コンテンツの著作権は、下記のとおり帰属するものとします。ただしユーザーは、そのコンテンツを投稿(送信)した時点で、その投稿内容(個人、法人を特定できる情報を除く)を当社および当社が認めた第三者が二次利用(メディアへの掲載許可など。複製・公開・送信・出版・翻訳・翻案・編集・転載なども含む)することを無償で永続的に許諾したものとみなします。
1. ユーザーが投稿した情報(口コミを含む)の知的財産権はユーザーに帰属するものとします。
2. 掲載サービス提供事業者が投稿した情報(事業者情報等)の知的財産権は掲載サービス提供事業者に帰属するものとします。
3. その他のサービス、コンテンツ (文字、画像、音声、動画およびこれらの結合物を含む)は全て当社に帰属するものとします。

第6条(広告表示)
本サービスを通じて、広告、宣伝が掲載される場合があります。
1. 当社は、ユーザーと広告主間の取引その他のやり取りについて、一切の責任を負わないものとします。
2. 当社は、広告枠について、当社の判断で事前の通知なく変更できるものとします。

第7条(反社会的勢力の排除)
ユーザーは、反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者をいいます。)に該当しないこと、また暴力的行為、詐術・脅迫行為、業務妨害行為等違法行為を行わないことを、将来にわたっても表明するものとします。本表明に違反した場合には、当社は、当該ユーザーに対して本サービスの利用停止措置、本サービスに付随する各種契約の解除または損害賠償請求等必要な措置(法的措置を含みます)を行なうことができるものとします。

第8条(本サービスの内容の変更・中断・停止)
1. 当社は、ユーザーに事前の通知をすることなく本サービスの内容を変更することがあります。また、当社は、ユーザーに事前の通知をすることなく本サービスを一時的に中断・停止することがあります。
2. 当社は、前項によりユーザーに生じたいかなる損害についても、一切の責任を負わないものとします。

第9条(本サービスの終了)
1. 当社は、ユーザーに事前の通知をすることなく本サービスを終了することができるものとします。
2. 当社は、前項によりユーザーに生じたいかなる損害についても、一切の責任を負わないものとします。

第10条(免責)
1. 当社は、本サービスを通じて提供する情報の正確性、速報性、完全性、および合目的性等について保証いたしません。
2.当社は、本サービスを通じて提供する情報によりユーザーに生じたいかなる損害についても、一切の責任を負わないものとします。
3. 当社は、掲載サービスに関連して何らかのトラブルがユーザーと掲載サービス提供事業者の間で生じた場合にも、当該トラブルが当社の責に帰すべき事由による場合を除き、一切の責任を負わないものとします。なお、当社が責任を負う場合であっても、当社の故意または重過失がない限り当社の責任は直接かつ通常の損害に限られるものとします。

第11条(規約の変更)
1. 当社は、ユーザーに事前の通知をすることなく本規約の内容を変更(追加・削除を含みます。以下同様)することがあります。
2. 本規約の変更後、ユーザーが本サービスを利用した場合、当社は、ユーザーが変更後の本規約を承諾したものとみなします。

第12条(分離可能性)
本規約の規定の一部が、法令または裁判所により違法、無効または不能であるとされた場合においても、当該規定のその他の部分および本規約のその他の規定は有効に存続し、また、違法、無効または不能であるとされた部分については、当該部分の趣旨に最も近い有効な規定を無効な部分と置き換えて適用し、もしくは当該部分の趣旨に最も近い有効な規定となるよう合理的な解釈を加えて適用します。

第13条(準拠法および管轄)
本規約の準拠法は日本法とし、本規約または本サービスに関連して、ユーザーと当社の間で紛争が生じた場合は、東京地方裁判所または東京簡易裁判所のいずれかを第1審の合意管轄裁判所とします。

附則
本規約は2018年8月6日から実施します。